2018年2月14日水曜日

千葉県 / 八千代市

皈命大月天子

寶永五戊子十一月二十三日

東葉高速線八千代中央駅の北方約5キロにある、日蓮宗妙光寺。北総線の小室駅からは2キロ程か。本堂脇にたくさんの石塔が並ぶ。右端に笠付き角柱型の二十三夜塔。
上部には蓮華座に二十三夜の月が彫られている。

「皈」は「帰」の異体字。「皈命」は「帰命」で、南無と同じサンスクリット語namasの訳だそうです。
「月天子」も、もともとはバラモン教で月を神格化したものが仏教に取り入れられ、十二天のひとつ「月天」となったようです。勢至菩薩の化身ともされています。
宝永五年戊子(つちのえね)は1708年。




2018年2月4日日曜日

千葉県 / 八千代市

(サク)奉待二十三夜

文化十癸酉年 十一月吉日

尾崎願主 三良左ヱ門 (他多数)

八千代市吉橋の尾崎地区。太子堂脇にある勢至像のとなりに、もう一つの二十三夜塔。
こちらは文化10年、1813年。駒形の文字塔。
周りには女人講と彫られた十九夜塔や子安塔、出羽三山供養塔なども並んでいます。

吉祥院太子堂とあり、吉祥院は文化四年に創設された下総四郡八十八か所の第一番だったようです。現在は太子堂しか残っていません。







2018年1月30日火曜日

千葉県 / 八千代市

右勢至菩薩者廿三夜待開眼成就所

吉橋村施主敬白

寛文八戊申年十月十日

八千代市吉橋の尾崎地区。吉祥院太子堂の脇に整然と並ぶ石仏・石塔。
古いです。寛文八年は1668年。350年前。




2018年1月27日土曜日

千葉県 / 八千代市

<右側面>(サ?)奉造立塔供養廿三夜講開眼當二世悉地成就□ 

  寛文九己酉□ 萱田村 二月廿三日 敬白

<左側面>(キリーク)日記念仏供養開眼諸願成就所

  寛文九己酉二 萱田村 敬白

千葉県八千代市。東葉高速線八千代中央駅の北東300mにある萱田山長福寺。
境内に寛文九年(1669)の三層塔。
二層目正面に勢至菩薩像の浮彫、左右に上記銘。
一層目右面には、廿三夜講 一結施主女中衆として、おつる・・など女性名、
左面には日記念仏のため定宥・・など多くの男性名があるようですが読み取れません。





2018年1月16日火曜日

千葉県 / 印西市

二十三夜供養塔

寛政十午年 十月吉日 

講中二十六人

六軒厳島神社の石塔群にもうひとつの二十三夜塔がある。
駒型石塔の上部に二手合掌で蓮台に座る勢至菩薩像。
寛政十年は1798年。220年前。