2017年12月12日火曜日

千葉県 / 印西市

奉造立勢至大菩薩廿三夜廻忌驗成就事

寛文十天庚戌□

初冬勢至日爲二世安楽也月待結廿余人

向かって右側面に(勢至菩薩立像)
向かって左側面に(地蔵菩薩立像)

印西市の古新田地区の集会所脇。笠付角柱型で、資料によると高さ151cm。
側面の両菩薩像が美しい。寛文十年は1670年。




2017年12月9日土曜日

千葉県 / 印西市

(勢至菩薩像)

元禄十丁丑年同行

十一月二十三日 三十人

千葉県印西市は印旛沼の西にあたり、北側を利根川が流れている。
JR成田線の木下(きおろし)駅から南へ歩く。古新田地区の集会所のそばに、数多くの石仏・石塔が並んでいる。如意輪観音の十九夜が多い。隅にひっそりと笠付きの角柱型に勢至菩薩が彫られている。元禄十年は、1697年。320年も前。二十三夜塔としてはかなり古い。





2017年9月6日水曜日

東京都 / 羽村市

廿三夜

天保六未十一月

「南」のような文字も見えるが、その下は土に埋まっている。

JR青梅線羽村駅の南側。多摩川からの玉川上水の取水口である「羽村の堰」の近くに禅林寺がある。その墓地の端に石塔が立ち並ぶ。
穴の開いた形の二十三夜塔。他には天保十一年の「百万遍供養塔」二基や読誦(どくじゅ)塔の天保十四年「乗典 千部塔」など。




2017年8月30日水曜日

新潟県 / 佐渡市

二十三夜塔

二十三夜の月の形をした自然石の二十三夜塔。 上部に円、その中に種字があるようにも見えますが、はっきりしません。
紀年なども不明。
佐渡市真野地区の国分寺の仁王門下にたくさんの石塔が立っていました。庚申塔、秋葉大明神、三界万霊塔、月山湯殿山羽黒山・・・

国分寺は名前が示す通り古いお寺で、茅葺の美しい瑠璃堂(1666年)があります。




2017年8月24日木曜日

新潟県 / 佐渡市

廿三夜待塔

嘉永三庚戌年九月

当處講中
 ?

佐渡市の阿仏坊地区。日蓮宗蓮華王山 阿仏房 妙宣寺。
県内唯一という文政年間完成の優美な五重塔そばに発見。
嘉永三年は1850年。