2018年5月21日月曜日

千葉県 / 八千代市

二十三夜塔

明治十八年 十一月吉日

八千代市吉橋の国蔵院3基目の二十三夜塔は、明治18年(1885)。
駒型で特に飾り気もない。前面に傷があるが、過去に倒壊したことがあるのかもしれない。



2018年5月14日月曜日

千葉県 / 八千代市

南無妙法蓮華経

勧請 二十三夜 大月天子 擁護

位光山二十一世日健 (花押)

寛政六年十一月吉日

高本村講中 願主(人名・・12名)

八千代市吉橋地区の国蔵院の、寛政六年(1794)の角柱型文字塔。
題目に続き、二十三夜と大月天子が並記されているのも珍しい。




2018年5月9日水曜日

千葉県 / 八千代市

(日・月)奉待二十三夜

天保十二辛丑年

閏正月吉日

(台座)高本村講中 治良右ヱ門・・他8名
    寺台村 藤之助他・・3名

八千代市吉橋地区。国蔵院とあるが堂宇は見当たらず、奥は農業関連の建物らしい。
脇に墓地があり、前面には二十三夜塔、二十六夜塔、十九夜塔(念仏・子安)ほか馬頭観音なども並んでいる。
天保十二年(1841)の閏正月とあるのが珍しい。太陰暦なので1か月が30日か29日しかなく、そのため数年おきに1年が13か月の年をもうけて、季節を合わせたようだ。天保12年は1月の後に、閏1月があったということになる。








2018年5月5日土曜日

千葉県 / 八千代市

奉待二十三夜塔

講中 島田新田

享和元酉年 十一月吉祥日

八千代市島田台の長唱寺。古い方の二十三夜塔は、享和元年1801年の建立。
文政、天保の子安塔や、大正の大帝釈天王ほか、数基の庚申塔が立ち並んでいる。





2018年4月27日金曜日

千葉県 / 八千代市

奉待二十三夜塔

世話人 豊田常吉 ・・他11名の名あり

天保十亥年十一月吉日

東葉高速線八千代中央駅の北方約4.5キロにある長唱寺。
道路沿いの石塔群に二基の二十三夜塔がたっている。新しい方は天保十年、1839年。