2012年12月29日土曜日

万霊塔 / 柏木野

卍  三界萬霊 

苔が覆い、草に埋もれていたが、村史のリストにある万霊塔と思われる。
お堂(風土記稿にある圓通寺の跡か)のある墓地のそばにひっそりと。


2012年12月26日水曜日

万霊塔 / 神戸

先亡各々霊有縁無縁

神戸(かのと)地区の徳泉寺入り口。小さな字で彫られているが、諸霊を回向し、冥福を祈る。
建立年等不明。


2012年12月25日火曜日

万霊塔 / 湯久保

(梵字) 諸性霊等

湯久保地区の墓地の入り口に立つ。
梵字は不動の「カーン」のようにも見えるが、はっきりしない。
風土記稿によると、小澤組が宮ヶ谷戸組と夏地組に分かれ、宮ヶ谷戸組の小名に「湯の窪」が出ている。
建立年等不明。





2012年12月22日土曜日

万霊塔 / 小岩

三界萬霊等  

これも建立年月等不明。
字体が面白い。界の上部が突きぬけて、「由」になっている。
「霊」も装飾的。 塔は、「等」となっている。
向かって右となりは、廿三夜の「月天子」




2012年12月21日金曜日

万霊塔 / 笹野

三界萬霊等 

建立日等不明
笹野は風土記稿によると南谷ではなく、本村下組になっている。
すっきりとした、石塔。




2012年12月20日木曜日

万霊塔 / 神戸

萬人供養塔  嶋崎甚五良建立

明治卅三年八月吉日

神戸(かのと)地区への入り口に立つ。道路改修で寄せられたか。
年月の表示はあっさりしている。明治33年は1900年ちょうど。
上部に飛雲付きの月・日がある。




2012年12月19日水曜日

万霊塔 / 神戸

三界萬霊等

元治元子年臘月吉祥日

臘月は12月の異称。
神戸(かのと)地区の徳泉寺階段わきに。
元治元年は1864年。幕末ですね。



2012年12月18日火曜日

万霊塔 / 宮ヶ谷戸

(梵字) 萬霊塔  寒念仏講中

元治元甲子九月吉祥日

梵字は阿弥陀如来のキリークのように見える。
道路わきの石塔群の中に、文化十年(1813)の寒念仏塔と並んで立っているが、おそらくどこからか移設されものと思われる。






2012年12月17日月曜日

万霊塔 / 神戸

先祖代々 有無 縁三界萬霊塔

嘉永元戊申星十月如意珠日

神戸地区徳泉寺の階段脇にある。これも日付の表記がお洒落。
嘉永元年戊申(つちのえ・さる)は1848年。



2012年12月16日日曜日

万霊塔 / 本宿

三界萬霊塔  

文政第十亥八月吉日

村の中心地、口留番所(現在の村役場そば)を過ぎ、橘橋を渡って突きあたり、道が北谷と南谷に分かれるところにある。現在は信号機のあるT字路。 吉祥寺入り口。
文政十年は1828年。


2012年12月15日土曜日

万霊塔 / 中組

三界萬霊  願主 当村老若男女 

于時文政五壬午竜集二月宝珠日

これも年号の表記が気取っている。于時は(ときに)と読む。
竜集・龍集は年号の末尾に付く。
文政五年壬午(みずのえ・うま)は1822年。
旧澤又組の寒沢寺の墓地跡に立つ。
上部が欠けていて、中央部にも傷のようなものがある。





2012年12月14日金曜日

万霊塔 / 神戸

三界萬霊  現住契禅毛謹誌

維時文化第五竜集秋九月吉祥日

神戸(かのと)地区。今は無住の徳泉寺境内に立つ。吉祥寺末。
いかにも僧侶っぽい文面。
維時は、これとき、「時は・・」みたいな感じか。
竜集は年号の末尾。1808年。


2012年12月13日木曜日

万霊塔 / 大沢

三界万霊

安永六年酉  十月吉日


上部が少し欠けている。霊の字はカタカナの「ヨ」の下に「大」の、異体字。万は読み取りにくい。

そばに立てかけてある卒塔婆に「観音寺壇越三界万霊・・・」の文字。観音寺は大悲願寺末。




2012年12月12日水曜日

万霊塔 / 上平

三界万霊等

現住 綱宗代

宝暦三癸酉年六月吉祥日

墓地の端に、今ではあまり構われずにひっそりと。
宝暦三年(みずのと・とり)は、1753年。
現住は、お寺の現在の住職という意味なのでしょうか。
綱宗とは、住職の名前とは思えませんが、高尾太夫を斬ったという伊達綱宗?・・・
「塔」が、「等」という字になっています。



2012年12月11日火曜日

万霊塔 / 上川乗

三界萬霊

享保十九甲寅天九月十日

上川乗地区の墓地入口の石塔群の中に立つ。
万霊塔はお寺の境内、墓地に建てられていることが多い、とある。
三界は、欲界・色界・無色界。

世界のあらゆる霊を供養する。享保十九年甲寅(きのえ・とら)は1734年。



2012年12月10日月曜日

聖徳太子塔 / 小岩

聖徳太子

年記銘 不明

白っぽい石で、文字は徳と太しかない。
どうしてこうなったのか。聖徳太子だけど、廃仏毀釈と関係あるのかどうか。
あるいは土砂に流されたり、倒れてしまったのか。


2012年12月9日日曜日

寒念仏塔 / 白岩

寒念佛供養  倉掛組

弘化四未四月日

風土記稿の北谷十組の最奥、倉掛組。記述も少ない。
小名  倉掛 東ノ方ヲ云
     白岩 西ニヨレリ

神社は、山神社 百姓持
寺院は、阿弥陀堂 村民持 とある。

白岩はシラヤというと、「檜原村紀聞」にあるが、これまで聞いたことがない。
海抜900メートル。そばに緊急用のヘリポートがある。
弘化四年は1847年。
硬い石か、くっきりと彫られている。



2012年12月8日土曜日

寒念仏塔 / 千足

寒念佛

文政九戌七月

文政九年丙戌(ひのえ・いぬ)は、1826年。
聖徳太子とお地蔵様の間にある。
この年に建立された寒念仏塔が、村で4基認められる。
そのうち北谷沿いの千足・中里・小岩地区のものは、字体や雰囲気が似ている。






2012年12月7日金曜日

寒念仏塔 / 中組

寒念仏

年紀等不明

風土記稿によると、澤又組に延命山寒澤寺があり、客殿七間半に五間という大きなもの。その墓地跡に石碑、石仏が立ち並んでいる。
現在はバス終点のUターン場所で、銀杏の木がある。お寺はそこの上にあったらしい。




2012年12月6日木曜日

寒念仏塔 / 上元郷

寒念仏供養  願主十四人

安永二癸巳十二月吉辰

上元郷地区の山王様(日枝神社)脇に、猿田彦と並んで立っている。
これも古く、安永二年癸巳(みずのと・み)は1773年。




2012年12月5日水曜日

寒念仏塔 / 宮ヶ谷戸

寒念仏供養塔  男女講中

明和四年丁亥十月吉日

明和四年丁亥(ひのと・い)は1767年。村史の寒念仏のリストでは一番古い。
念の字の中ほどから上が欠けている。塔の立ち並ぶ中にひっそりと佇む。

「四年」という年数の間に、干支を挟む表示(四丁亥年)というのが多いが、それは中世末期より江戸時代に限る様式、と日本石仏事典にある。
この石塔はめずらしく、四年~と彫られている。





2012年12月4日火曜日

寒念仏塔 / 下川乗

寒念仏供養  世話人 清水勘左衛門

柏木野 出野 出畑 下川乗 上川乗

天保十四癸卯五月吉祥日

柏木野組~各地域の念仏講の人々が寄り集まって、
供養塔を立てたか。
天保十四年癸卯(みずのとう)は、1843年。










2012年12月3日月曜日

寒念仏塔 / 上元郷

寒念仏  女講中

于時文化二丑天

于時は年号の初めにつく言葉で、訓読みは「ときに」
文化二年は1805年。
山王社(日枝神社)の傍らに、廿三夜塔などと並んでいる。





2012年12月2日日曜日

寒念仏塔 / 中里

寒念佛   

発願主男女講中  文政九丙戌年

「講中」は読み取れるが、残念ながらあとはよく見えない。
となりは庚申塔(像塔)、その隣には大きな庚申塔(文字塔)もある。現在は使われていない旧道わきに立っている。










2012年12月1日土曜日

寒念仏塔 / 宮ヶ谷戸

寒念仏供養塔  

小沢村男女講中 沢又 時坂 神戸 千足

文化十酉年十一月吉日

いくつかの集落の講が集まって建立したようです。村の中でもまだ寒念仏塔は数が少ない頃。
文化十年は1813年。