2013年5月31日金曜日

道しるべ / 大沢

大だけ入口

大沢邑小林助兵衛建之

建立年は不明
以前はここからも大岳山へ登ったのでしょう。
おおらかな文字。




2013年5月27日月曜日

馬頭観世音 / 事貫

馬頭観世音

吉本源吾

昭和六年十月吉日

昭和の文字塔。事貫(ことづら)地区。
昭和六年(1931)は、9月に満州事変が始まり、翌年満州国建国。







2013年5月26日日曜日

馬頭観世音 / 下川乗

馬頭観世音

願主 高橋彦吉

明治廿六年十二月

「ぬりかべ」のような文字塔。
明治二十六年は1893年。八王子で七百戸消失の大火があったとか。





2013年5月25日土曜日

馬頭観世音 / 宮ヶ谷戸

馬頭観世音

施主 平塚弥治右衛門

慶應元丑年九月吉日

これも釘で引っかいたような彫り。
施主名の弥次あたりから下は埋もれている。
慶応元年は1865年。






2013年5月22日水曜日

馬頭観世音

馬頭

新道供養塔

元治元甲子年八月吉日

釘で引っかいたような文字で、上部に横に「馬頭」、
その下に縦に「新道供養塔」と彫られている。
元治元年(きのえね)は、1864年。幕末。




2013年5月19日日曜日

馬頭観世音 / 上川乗

馬頭観世音

山本杢左衛門

安政二卯年四月吉日

丸みを帯びた石の、文字塔。
安政二年は1855年。十月に大地震。



馬頭観世音 / 上川乗

上岡

馬頭観世音

于時天保十五甲辰初夏吉祥日

角塔で、正面右上に「上岡」と彫られていて、地名かとも思われるが、
不明。于時は年号の初めに置かれ、(時に、今現在)といった意。 天保十五年は1844年。




2013年5月14日火曜日

馬頭観世音 / 下川乗

馬頭観世音

施主 五良兵衛

文政九戌年八月九日

米粒型の文字塔。
文政九年は1826年。



2013年5月12日日曜日

馬頭観世音 / 下元郷

馬頭観世音

高島五郎衛門

明治六癸酉年八月日

この辺りに高島さんという苗字は、今は見られない。
高「鳥」のようにも見える。村内に高取家はかなりあるが、「鳥」ではない。







2013年5月10日金曜日

馬頭観世音 / 白倉

(馬頭観音像)

奉納供養

村中  此主  彦右衛門

寛延三年午正月日

檜原村郷土資料館の階段の脇に移転されている。
寛延3年は、1750年。



馬頭観世音 / 神戸

馬頭観世音

村講中 坂本孫兵衛

慶應元乙丑仲春吉祥日

神戸(かのと)地区の集落入り口にたつ、堂々とした馬頭観音。
慶應元年乙丑(きのと・うし)は1865年。
江戸も終わる頃。仲春は2月。







2013年5月8日水曜日

馬頭観世音 / 本宿

馬頭観世音

檜原村 山本平吉建之

大正三年九月

草書体の文字塔




馬頭観世音 / 神戸

(馬頭観音像)

施主  政右衛門

文政四巳年四月吉日

屋根が附けられ、大事にされている様子がうかがわれる。
神戸(かのと)地区。文政四年は1821年。





2013年5月6日月曜日

馬頭観世音 / 本宿

(馬頭観世音像)

新道供養仏

寛政二戌十月吉日

吉祥寺から登った滝上の、三体ある馬頭観音の、向かって一番左。
素朴な表情の彫り。
寛政2年戌(イヌ)は、1790年。





2013年5月5日日曜日

馬頭観世音 / 本宿

(馬頭観世音像)

宝暦三年初秋吉日

「檜原村の石仏 第二集」の写真には、柔和な表情の頭部がついています。
光背のない丸彫り像。

滝上という場所で、吉祥寺から檜原城址の方へ登った尾根にあります。
宝暦三年は1753年。